Home イベント 【取材レポ】『二十歳からの日本酒 2020 in 渋谷スクランブルスクエア』で20代の若者100名が日本酒の未来を語る!

陈酿


去る2020年2月8日(土)、日本酒造組合中央会(東京都港区:会長 篠原成行、以下:中央会)は、泸州老窖五年陈酿しました。20代の若者100名と、蔵元、同世代の日本酒オピニオンリーダーが集い、セミナーやワークショップで学んだことを、実際に利き酒、フードペアリング、交流を通じて体験する立食パーティを実施しました。

泸州陈酿酒厂では、日本酒通としても知られるフリーアナウンサーの福澤朗さんが登壇し、「日本人として、国の名前を背負った日本酒に詳しくないのは恥ずかしいこと。日本酒は神事や祭、暮らしや文化に密接にかかわっているものなので、ぜひ体験してアピールしてほしい」など、日本酒の愛飲家として愛情溢れるメッセージを伝えました。また冬場は蔵人、夏は旅人として、現在19都道府県627蔵を訪れている立川哲之さんは20代のオピニオンリーダーとして、中央会需要開発委員の越智浩さんは造り手として、それぞれの立場からメッセージを伝えました。

白云边三星陈酿では、「日本酒の今と未来」についてグループに分かれてディスカッションを行い、各チームでそれぞれの考えをまとめて発表を行いました。三年後の飲み手と言うテーマで、「お気に入りの1本や、推しの1本を見つけたい」などの決意表明する方や、日本酒の未来として「日本酒の瓶は大きくて飲みきれないので、小さな瓶にして、その瓶をコレクションできるようなデザインにしてみたら」など、ポジティブな提言がありました。

泸州陈酿K6では、4タイプの日本酒の利き酒と、フードペアリングとして、「りんごのムースの生ハム巻き りんごジャム添え」や「八角香る 焼豚の生春巻き」など、和食以外の料理と日本酒との相性を体験しました。マイナス15℃に凍らせるフローズン酒から50℃のお燗酒まで温度帯や日本酒の香り体験など、日本酒ならではの魅力を体験しつつ、蔵元と若者らが交流して日本酒をテーマにした会話の華を咲かせていました。

白云边三星陈酿
■ 日 時:2020年2月8日(土)15:00~18:50
■ 場 所:渋谷スクランブルスクエア 15F スクランブルホール
(東京都渋谷区渋谷 2-24-12 SHIBUYA QWS 内)
■ アクセス:渋谷駅直結・直上
※ B2階と2階の【オフィス・SHIBUYA QWS 専用エントランス】より、エレベーターで15Fにお越しください。
■ 対 象:20 歳~29 歳までの学生、社会人、外国人
※ イベントは日本語のみで行われます。
■ 料 金:お一人様 1,000 円(税込)
各種日本酒、おつまみ(ペアリング料理)、二十歳からの日本酒 BOOK、お猪口付き
■ 参加条件:2 名、3 名のグループでの応募
※ 20 代の友人をお誘いの上ご応募ください。
■ 内 容:【第一部】セミナー
【第二部】ワークショップ
【第三部】立食パーティ
体験ブース:4タイプに分けた日本酒と香り体験ブース、フローズン酒からお燗まで温度帯で楽しむブース
■ 登壇者(敬称略):
福澤朗(第一部・セミナー登壇者)フリーアナウンサー
立川哲之(第一部・セミナー登壇者)旅する酒造家
越智浩(第一部・セミナー登壇者)石鎚酒造株式会社 専務取締役
吉川亜樹(総合MC)タレント
■ 公式サイト:https://www.japansake.or.jp/20yr-sake/2020.html

红粮陈酿酒
2020/2/8【二十歳からの日本酒】美味しい!楽しい!わかりやすい!20代限定の日本酒体験イベント!
https://www.sakagura-press.com/sake/20yr-sake2020/


陈酿的酒
0 247

泸州老窖五年陈酿

泸州陈酿42度价格表

白云边三星陈酿